読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい研究所

主に、低身長、低収入の 低スペック・小さいことに悩む女が 小さな幸せをコツコツと積み重ねていけば 「毎日がハッピーになれる!」 ということを 証明するべく始めた実験的なブログです。

低身長の女に気が強い人が多い理由。チビの女が考えた

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170124181034j:plain

 

よく低身長の女は気が強いと言われますが、

 

 

低身長の女子はそんな事言われて

「はぁぁ?」って思う事でしょう。

 

 

 

そして低身長の女子に傷つけられた

経験のある人は

低身長に対して偏見を持つでしょう。

 


でもね、おチビも含めて、

やっぱり低身長の女は傲慢な人も多い!

そんなムキになんなくても・・・

と思うこともあります。

 


 まあ、身長関係なく、そんな人って結構いると思いますが( ´ ▽ ` )

 

 


でも、なぜか低身長の女に

多いんですよねー。(偏見だおw)

 


なので、どうして気が強くなってしまうのか

考えてみました!

 


 

 

振り返ってみよう

幼少期から考えてみよう!

 


小さい頃、お父さんやお母さんが

「大きくなったねー」と喜んでくれた記憶はありませんか?

 


ハイハイから立って歩く行為が出来るようになると

でめちゃくちゃ喜んでくれるじゃないですか。

 

誕生日を祝うのも、自分が生まれて何周年!おめどうwという記念 日。

成長すること(=大きくなること)で周りが祝ってくれる。

 


大きくなることが素晴らしいこと!と、 幼少期から植え付けられています。

 

 


集団生活スタート

 

保育園や幼稚園、小学生になると、集団生活がスタートします。

集団生活が始まると

テストや運動会など他人と他人が競争をさせられます。

 

身体測定でもそうです。

 

「何cm伸びたー!」って叫ぶ同い年の子達と過ごして

ここで競争社会に放り込まれた子供は

小さいと負けた気持ちになるんですよね。

 


給食のときも、牛乳がキライな子に対して

「牛乳飲まないと、身長伸びないよー」 と言っていた先生はいませんでしたか?

ここでも、 身長が伸びることはいい事だと潜在的に思ってしまうんです。

 

競争社会に揉まれながら、

 

身長高いこと=いいこと

身長低いこと=ダメなこと?

 

と無意識に思うようになります。

 


 

思春期から気が強い女が…

 

子供から大人に変化する時期、思春期です。

 

次第に身長での争いはなくなってきますが、

周りには自分より身長の高い人が増える時期です。

 

自分は小さいから、子供扱いされてるんじゃないか?! と潜在意識がそうさせ

 

「小さくて、カワイイね」なんていうと

「子供扱いしないでくれる?ムッキー(`_´)」

 

そこから、ひとりでできるもんwという

プライドが高くなり、思春期を過ごすことになります。

 

幼少期に植え付けられた大きくなることの、敗北感もぬぐえず

周りに対して負けたくない!気持ちが強くなり、

 

何年たっても、気が強い女になってしまうんです!

 

 

 

まとめ

 

周りの人より劣等感があるからこそ、 気が強くなってしまうんです。

低身長の女に気が強い人が多いのは、

幼少期と思春期に過ごした集団生活の結果です。

 

この結果をどう捉えるかはあなた次第です!!!!

 

 

 

したっけー!