読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい研究所

主に、低身長、低収入の 低スペック・小さいことに悩む女が 小さな幸せをコツコツと積み重ねていけば 「毎日がハッピーになれる!」 ということを 証明するべく始めた実験的なブログです。

【自己投資】ファッション雑誌がオススメの理由8個思い付いた!

f:id:shinchouhikui_joshi:20170113122553j:plain

 

 

ファッション雑誌をこよなく愛する女、おチビです。

 

おチビは小さな頃から

たくさんのファッション雑誌を読んできた

と自負しております。

 

社会に出るまでは月9冊以上の雑誌を読んできました。

(JELLY・popteen・Scawaii・zipper・SEDA・non-no・mina・小悪魔ageha・PINKY)

 

 

姉が2人いた事と、どちらも服装のジャンルが違っていたので

色々なジャンルの雑誌を見るのがたまらなく大好きでした。

 

意外と、ファッション雑誌って

自己投資に近いツールなんですよ。

 

 

例えば、普段から優柔不断の人やお洒落とかほど遠いぜって人、

洋服選びに毎回迷っちゃう人もファッション雑誌を見るのと

見ないのではだいぶ違います。

 

幸福感や充実感も感じるコトが出来るので、おススメです。

 

 

 

今回は、小さな頃の記憶を辿って

ファッション雑誌の魅力を伝えていきたいと思いまーす。

 

 

「小さな記憶を辿れ!シリーズ」

でーす/(^o^)\

セーフ!これで小さいってことになるー!

 

 

 

 

 

コミュ障は特に読んどこう!

 

おチビは、家に引きこもって

なるべく人と会いたくない!!という願望があります。

 

同時にファッションには気を使っておきたい欲もあります。

 

そこで使えるのがファッション雑誌です。

 

自分の知らなかった服にも雑誌の中で出会えますし、

メイク方法も実際に会わずに教えてくれます(笑)

 

しかも、話しかけられることもないので

パリピ的な人が誌面にのっていても緊張しません。

 

実店舗と違って店員さんもいないので、

無理矢理オススメされる事もないし圧力もないので

リラックスしてファッションを勉強できるんです。

 

なので、人と会う事に緊張しちゃう人は

ファッション雑誌で十分なんじゃないかと思います。

 

 

 

自分を肯定できるツール

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170106163446j:plain

 

 

おチビはファッション雑誌は

「自分の『好きなもの』を肯定できるツール」だと思っています。

 

当時学生だったおチビは

制服もジャージも好きじゃなかったし

髪の毛も染めちゃいけないし、スカートの丈も決まっていて

「学校クソつまんなぁぁぁ」

と絶叫していました。

 

当時は、髪の毛を染めたい気持ちもあったし

「もっと自分が可愛いと思ったものを身につけたい」って

気持ちが強かったんですけど、

何より校則が絶対的な世界だったので、

そんな気持ちを抑えていました。

 

 

ですが、雑誌の中だと自分の好きな格好を

自由にしているモデルさんを見て羨んだり、認める事で

自分自身も認めている様な気分になっていました。

 

「この服カワイイって思ってる自分のセンスはイケてるなぁ。」的な感じですw

 

そういった意味で、ファッション雑誌を通して

自分を肯定できるんです。

 

 

 

洋服選びが楽

 

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20161207194859j:plain

 

例えば、「これお洒落!」「これなんか好き!」っていう

理由もなく感覚的に好きな洋服やアイテムが出てくると

スクラップにして1枚の紙にまとめていました。

 

こうすることによって「自分の好きなモノ」を明確にして

今後の洋服選びの時に参考にできる

 

自分の好きなものをわかっているので、迷う時間が短縮されるし 

「何買えばいいかわかんなーい」っていう

優柔不断な事が無くなるので、お買い物が手短になります。

 

 

幸せを感じることができる

 

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170113133701j:plain

 

自分の好きなモノを眺めると「幸せな気持ち」になります。

 

スクラップにまとめていたノートは自分の好きなモノしか載っていないので

妄想を膨らまして楽しんでいました。

 

この洋服を着て、チヤホヤされたら…とか

このバッグが家にあったら、クローゼットをもっと可愛くしてぇ…とか

自分がこんなに可愛いメイクだったら…

 

とかね!

 

妄想だけで充実感と幸福感を得られるんです(笑)

 

 

視野が広がる

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170113134132j:plain

 

あと、ファッション雑誌には「専属モデル」や

「読者モデル」が登場します。

その中で自分のお気に入りのモデルさんがいたら

 

ブログなんかを調べてみると楽しいです。

 

雑誌では紹介していなかったメイクの方法や

好きなモデルさんの好きな音楽やブランドを

知ることになるので

 

今まで自分が手を出してこなかったモノを

試してみようかなって気持ちになります。

 

そうすると、自分の知識も広がるし視野も広がります。

 

 

モチベーションが上がる

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170113140623j:plain

 

ハイブランドの洋服や、キレイなモデルさんを見ると

「この洋服が似合う女性になろう!」とか

「自分ももっと頑張って、モデルさんに近づこう!」

って気持ちになってきます。

 

そのためには、どうしたらいいんだろう?

メイク方法かな?髪型かな?って

自分が今よりキラキラする為にはどんな手段がいいのかっていう事を

考えるキッカケ作りをしてくれるんですよね。

 

理想の暮らしとか、理想のスタイルとか。

 

そういった意味では、ファッション雑誌は

モチベーションを上げてくれるツールだと思います。

 

 

美術館のアート的な要素がある

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170113135240j:plain

http://promostyl.exblog.jp/21492968/

 

 

雑誌に載っているファッションブランドの広告って

ある種、アートと一緒なんです。

 

背景と洋服の配色がキレイだったり

ロゴの入れ方のバランスも絶妙だったり

面白いんですよね。

 

モデルさんのポーズもシンプルなものや、

「なんだこのポーズは」っていうのもあって、

この写真を採用したブランドの会社が気になったりするんですよね。

 

調べていくと、ブランドの観点や考え方が存在していることがあって

美術館の絵画と似ているなーって感じで楽しいんです。

 

 

電子書籍でも楽しめる 

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170113135702j:plain

 

最近は、廃刊になってしまった雑誌がたくさんあって

とても悲しい気持ちになっております。

 

そんなこと言っておきながら、今となっては

おチビも紙で作られた雑誌は買っていません(´ω`)ソーリー

 

だってさ、電子書籍の方がパッと家で買えて

すぐに見れるんだもん/(^o^)\楽チン一番!

 

でもファッション雑誌を見たい気持ちは強いので

電子機器での雑誌読み放題を見ちゃってます。

 

何冊も見れるのに月々が安いっていうのは

消費者にとってありがたいじゃないですか。

 

でも唯一、欠点とするなら

ジャニーズの顔が出ないっていうのと見れないページが存在するので

気になってしまう所です。(笑)

 

そんなところを除けば、読み放題はめちゃくちゃ便利です。

 

まとめ

ファッション雑誌って、最近読んでいない人が

多く売り上げも年々落ちていってるそうです。

 

確かに、インスタ見ればいいしWEAR見ればいいし

って感じなんですけど

 

ファッション雑誌は視覚的にも面白いので

ファッション雑誌みてほしいなーって感じです。

 

色々なジャンルを見ることで自分の好きなものがハッキリと分かってくるので

優柔不断が治るキッカケにもなると思います。

 

それに素敵な格好を見るとモチベーションが上がるので

本当にオススメです。

 

そんな感じでーす。

 

 

したっけー!