読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい研究所

主に、低身長、低収入の 低スペック・小さいことに悩む女が 小さな幸せをコツコツと積み重ねていけば 「毎日がハッピーになれる!」 ということを 証明するべく始めた実験的なブログです。

マリオがキノコを食べると大きくなる理由が判明

f:id:shinchouhikui_joshi:20161103133329j:plain

 

マリオって何でキノコを食べると大きくなるか

知っていますか?

 

 

おチビは、小学生の頃からずっとマリオと関わってきました。

学校が終われば、友達と「マリオカート」。

 

「マリオパーティー」「スマッシュブラザーズ」

 

青春時代はマリオに捧げたと言ってもいいくらい

マリオには大変お世話になった記憶があります。

 

 

ポテトチップスとコーラを飲みながら

画面に向かって笑い合ったあの青春の日々(´ω・`)ほっこり

そんな思い出がたくさん詰まったマリオ。

 

思い出とともにマリオに対してうらやましいことがありました。

 

マリオがキノコを食べて大きくなるシステムです。

 

 

身長の低い人はうらやましいと思ったはず!

だって1個食べるだけで、1頭身分大きくなっちゃうんですよ。

3個食べれば、3頭身増えるのかな?

とにかく、こんなキノコ食べてみたい!

でも、どうしてキノコを食べると

大きくなるんだろう?

 

 

 

 

キノコを食べると大きくなる理由

 

こちらの記事ではこのように答えています。

 

質問者:なぜキノコを食べると大きくなるの?

制作中にパグ(異常)が起き、急にマリオがちっちゃくなった。

『おもしろいな』と思った制作者が『不思議の国のアリス』の

マジックマッシュルームにヒントを得て考案したそうです

任天堂へ取材 「マリオのナゾにせまってみよう」 【子ども編集部】

 

もしもパグがなかったら、大きくなるシステムはなかったのかもしれません。

別の記事で宮本茂さん(マリオの生みの親)が答えてます。

 

インタビュアー:そもそも、どうしてキノコなんですか?

キノコは・・・
ワンダーランドと言えばやっぱりキノコでしょう(笑)。

 おぉ、ノリが軽い。やっぱり、アリスからきたのか?(; ・`д・´)

ずいぶん前に、インタビューを受けたとき
「不思議の国のアリス」のことを話したんです。
そしたら誤解されて伝わって、
「不思議の国のアリスに影響を受けた」
みたいに言われたりもしたことがあるんですけど、
そうじゃないんです。
昔から、魔法の国と言えばやっぱりキノコでしょう。
そこで、スーパーマリオになるために
キノコを使うことに決めました。

魔法の国=キノコなのか?発想がぶっ飛んでいます。

いや、おチビの考えが浅はかなのかもしれない。

マリオブラザーズでは、ひとつのキノコのかたちを使いまわし、

アイテムやキャラクターを生み出しています。

それはファミコンの能力が低く、メモリーを食わせないための

アイディアでした。以上のことからキノコやカメが多いのです

任天堂へ取材 「マリオのナゾにせまってみよう」 【子ども編集部】

なるほど、深い意味は特になかったんですね。

 

まとめ

キノコの理由は特になく、

奇跡的にバグを発見し

これはオモシロイという発想を大事にし、

製作時のコスパを考えた結果、キノコがちょうど良かっただけでした!

 

失敗がヒットを生み出すこともあるんだな。

だったら失敗は成功の元ってこのことですね!

 

もしかしたら、

身長が高くなるキノコはこの世にあるかもしれないので、

まだまだ調査が必要です!

したっけー!

 

(※上の写真は実際アイロンビーズで作ったんだよ☆)