読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい研究所

主に、低身長、低収入の 低スペック・小さいことに悩む女が 小さな幸せをコツコツと積み重ねていけば 「毎日がハッピーになれる!」 ということを 証明するべく始めた実験的なブログです。

【ヤバい漫画】「奥田民生になりたいボーイと出会う男全て狂わせガール」を読んだ感想

f:id:shinchouhikui_joshi:20170303160201j:plain

 

 

奥田民生ってカッコいいよね。

 

おチビは、ゆるいおっさんに憧れているガールです。

常にゆるく小さな幸せを噛み締めながら生きていきたい。

 

 

例えば、奥田民生しかり斉藤和義とか電気グルーヴとか。

 

渋くて、ゆるくて、大人だけど少しふざけている感じ。

 

仕事やクリエイティブな作業には

真剣で、歌詞なんか見ると

切ないんだけど、時々ふざけている歌詞があったりして。

 

ああいう年齢の重ね方、生き方をしたい!

 

って思ってる人、結構いそう/(^o^)\

 

そんな人にオススメするのが

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」

  

 

今、実写化が話題です。

楽しみでワクワクすっぞ。

 

 

小悪魔な女になりたい女子にもオススメ

 

おチビが高校生の頃、ニヤニヤしながら

姉の本をこっそり読んでいました。

 

「小悪魔な女になる方法」という

高校生の、おチビにとっては好奇心をエグられるような

素晴らしい本でした。

 

いわゆる、モテたきゃ読んどきな!っていう

恋愛参考書的なやつ。

 

そんな、モテる事への好奇心をエグられる感覚と

似ているのが「出会う男すべて狂わせるガールの天海あかり」。

 

女子にとっても参考になる所が、

この漫画にはたくさん詰まっています。

 

 

  

  

初めてだから優しくしてねっ

初めて漫画の感想を書くので

緊張してます。

 

ネタバレをしないようにしていますが、

 

「ネタバレやないかーい」ってなっちゃったら

すみません。

 

でも、ワクワクすっぞ。

 

 

あらすじ

 

簡単なあらすじはというと、

 

「力まないカッコいい大人」の奥田民生に憧れる雑誌編集者が、

出会った男すべてを狂わせてしまう魔性の女に一目ぼれして、喜怒哀楽を爆発させるコメディーです。

http://li-vvon.com/arcticle/8321

 

って感じです。 

 

奥田民生に憧れる雑誌編集者は「コーロキ・ユウジ」

出会った男すべて狂わせてしまう魔性の女が「天海あかり」

 

 

主人公の性格の要素は共感する

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170303145337j:plain

 

今、カフェでこの文章を書いています。

 

隣の席には、主人公のコーロキ・ユウジみたいな

ニット帽にシャツというオシャレなおっさん男性が座っている訳ですが

 

マジで、こういう人いるんだよなー

って誰しもが思い浮かべることのできる

主人公がコーロキ・ユウジです。 

 

主人公以外にも

「こういう人いそう!」っていうキャラクターが登場しますが

 

特にコーロキ・ユウジみたいな男性は

本当にいると思われます。

 

男性の大半はそうなのではないかとすら、思います。

 

 

サブカルチャー好きで、オシャレも好きではあるんだけど

オシャレ過ぎるところに行くと馴染めない所が主人公にはあります。

 

 

おチビもアパレルをやっていた時はまさにこんな感じでした。

 

洋服は好きではあるけどブランドとかよく知らないし

かと言って、オタクグループの人には受け入れてもらえるか

っていったら敬遠される。

 

どこにも属せない中途半端な人間と言ったら聞こえは悪いけど

まぁ、そんな感じ。

 

そういった、どこにも属せない人は結構共感できる部分はあります。

 

 

女性なら魔性の女にも共感する部分はある

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170303145434j:plain

 

男を好き勝手はぐらかす可愛すぎる魔性の女とは少し違くて、

「あぁ女性なら少し共感する部分あるんだろうなぁ」と思います。

 

 

「天海あかり」はマンガの中で超絶カワイイ!とされていますが

性格はというと「強さ」があります。

 

女性特有の、強さ。

 

 

例えば、男性が出来もしない約束をしときながら

約束を破る行為。

 

腹立ちませんか?/(^o^)\

 

 

デートすると言いながら、仕事で都合がつかない為ドタキャン。

もしくは、予定変更で来週に帳尻合わせる行為とか。

 

結構あるじゃないですか?

 

そういう出来もしない約束に対する怒りと冷酷さは

共感しました。

 

 

超絶カワイイ魔性の女だから共感する部分は少ないと

思われてしまいそうだけど、

 

性格の所々に「共感」する部分はあったので

女性ウケも良さそうな魔性の女だなと思いました。

 

 

何を学べるか

魔性の女から「女性」を武器にできるということ

 

「魔性の女、天海あかり」は、

マンガでは顔も超絶カワイイ!とされていて

非現実的だと思われるけど、

実際に学べるところはたくさんあります。

 

それは「女性」を武器にしているところ。

 

例えば甘え上手な所だったり

女性らしい洋服を着ることだったり。

そんな些細なこと。

 

天海あかりの

「あざとさ」と「芯の強さ」は真似するべきですし

バランスよく、上手く使っているからこそ

男性から魅力的な女性に見られるんだと感じました。

 

 

夢を持つことの儚さ

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170303145515j:plain

 

恋愛だけではなく、

夢を持ってる人には胸に刺さるシーンがいくつかあります。

 

理想と現実のギャップに苦しんだり、

夢を叶える為に、今までの持っているモノを犠牲にしたり

誰かを傷付けてしまったり、

 

夢の為に何十時間も時間をかけたのに、

 

それでも諦めなくちゃいけない事もあったり。

 

 

そんな夢を持つことの儚さも描かれていたので

「夢を持つ」ことって覚悟も必要なのかなぁーと

考えさせられました。

 

 

低脳でも読み進められる

 

「奥田民生になりたいボーイと出会う男全て狂わせガール」は

絵がゆるいので気軽に読み始める事ができます。

 

しかも登場人物が少ないので、低脳なおチビでも覚えやすかったんです。

 

 

これだけは伝えておきたかったんですけど

 

起承転結の転結に衝撃をくらいました。

 

 

まとめ

 

ざっくりと、このどれかに当てはまってる人にはオススメです。

 

・奥田民生が好き・憧れてる人(歌詞も作中に入ってるからオススメ)

・オシャレに憧れてる人

・モテたい女子

・魔性の女・あざとい女が好きな人

・サブカルチャー好き!

・夢を持っている人、諦めてしまった人

 

 

映画化になって当たり前だよなってくらい超面白かったです。

 

 

つまり、気軽に読めるし面白いから

とりあえず読んでねって話です。

 

 

 

 

したっけー!