読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小さい研究所

主に、低身長、低収入の 低スペック・小さいことに悩む女が 小さな幸せをコツコツと積み重ねていけば 「毎日がハッピーになれる!」 ということを 証明するべく始めた実験的なブログです。

【貧乏生活】脱出方法!お金持ちになる為にお金持ちと結婚までの道のり

f:id:shinchouhikui_joshi:20170524160849j:plain

 私は小さい時から、大きな夢を持ってしまいました。

 

それは「お金持ちと結婚すること」でした

 

こんな誰もが憧れるであろう夢を

夢で終わらせたくなかったんです。

 

 

なぜ、一般の人よりお金と結婚への執着心があるのか

ひとまず過去を、

赤裸々に振り返ってみることにしましょう。

 

このシリーズは、私が実際にお金持ちと結婚したら完結します。

 

 

私は果たして、お金持ちと結婚できるのか・・・!

乞うご期待っ! 

 

なぜ、書こうと思ったのか

過去を振り返る前に、

なぜ「お金持ちと結婚するまで」を記事にしようと思ったのか、

理由が2つあります。

 

1つ目は、私の周りには極端すぎるほど

「貧乏な人」と「お金を持っている人」がいるからです。

友人にはフリーターや奨学金を払い続けている人、

40代でも上手くお金のやりくりが出来ていない人もいて

思うように「裕福な暮らし」が出来ていない人が多いなぁと思いました。

 

それから、一般のサラリーマンよりお金を持っている人

が周りには結構いたことから、

一体、何が違うんだ?

と疑問に思ったので自分の観点からお話出来たらいいな♪と思いました!

 

2つ目は、

「お金持ちと結婚したい女」って

悪い女ってイメージじゃないですか?

だからこそ、語りたいなって思いました。

 

お金持ちと結婚したい!って思うことは

悪いことじゃないです。

 

だって、世間の基準は、結局お金ですから。

 

すっごーく昔って、

「食料を持ってきてくれる人」がボス的存在だったし

食べることで生き延びれたじゃないですか。

まぁ、想像ですけどねっ

 

それから、今は「お金」があればあるほど

食料に困らない仕組みじゃないですか。

その他の欲求も満たしてくれるし

お金って生き延びる為に必要なので

 

お金持ちになりたい!お金持ちと結婚したい!

って本能だから仕方ないっすよ。

 

という部分を共有したりお金持ちと結婚するまでの道のりや方法を

日頃考えていたので書いていこうと思いました!

  

子供のころ、「世の中、お金がすべて」だと思った。

純粋で本当に可愛かった5歳くらいのわたしは、

母親に質問したことがきっかけで

「お金」に対して強く思う事がありました。

 

 

「ねぇ!どうして、お父さんとケッコンしたのー?」

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325142907p:plain

 「うーん、合コンで知り合って~うんぬんかんぬん・・・」

 

「へぇ!そうなんだぁ」

 

すると、母親は

「もっと、おかねもちと結婚したかった

と笑っていました。

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325141853p:plain

 

(おかねもち?)

 

 

 

「ねぇ!おばあちゃん、どうしておじいちゃんと結婚したの?」

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325142952p:plain

 

 「社長だったからだ!でも、おかねのない社長だったんだ。あははは」

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325143103p:plain

(ここでも、おかね・・・)

 

 

夕方、平日にやっていた某アニメの中では

忍者3人組の中に

一人、イケメンがいました。

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325142619p:plain

 

私はそのイケメンが、大好きなキャラでした。

単純に3人の中でいちばんカッコ良かったから。

 

でも、そのイケメンは「おかねおかねおかね」

と、おかねが大好きな忍者でした。

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325142651p:plain

 (自分の好きなキャラも、おかねって言ってる・・・)

 

 

私は、お菓子やオモチャが欲しかった時

駄々をこねていました。

 

駄々をこねれば、買ってもらえると

その時は思っていたのかもしれません。

 

ですが、親はやっぱり買ってくれませんでした。

 

 

その時、いつも怒られながら言われた言葉が

 

「わたしの家は、おかねがないから、ダメなんだ!!」

 

という言葉でした。

 

「おかねがないと、なにも買ってもらえない。

わたしの家はビンボーなんだ!!」

 

と自分の家がビンボーという事実に

腹が立っていましたし、

 

「おかね」そのものに対しても嫌悪感をもち始めました。

 

幼いながらも

「おかね」への執着心を更に掻き立てました。

 

 

 

(どいつもこいつも、おかねおかねうっせーんだよ。

f:id:shinchouhikui_joshi:20170325142719p:plain

 

 

つづくよ!