小さい研究所

低スペック(低身長・低収入・低学歴)、小さいことに悩む女が小さなことでも楽しく暮らせることを伝えるための小さなまとめブログ

petite_mini petite_big

自分が悪い!全て自己責任だから自己中心的に生きるべき

自己責任サムネイル

こんな場面を見かけた事ないですか?

「財布を盗まれたのはお前の責任だ」

「仕事出来ないヤツはそいつの責任だ」

「いじめらるヤツにも問題がある」

その通りだと思う場面も確かにあるけど、

 

「自己責任でしょ」と言われた人は

大抵、理不尽に思うし悔しい気持ちでいっぱいになります。

 

「盗んだ奴は悪くないの?」

「自分だって会社をよりよくしようと思ってるけど、

上手く出来ないんだよ。あぁ悔しい・・・」

「いじめられる原因は自分なの?

だから、暴力しても良いの?靴隠すの?」

 

 

 でも、「自己責任」は真理なんです。

 

 

だからこそ、もっと自己中心的に生きても良いんです。

 

 

自己責任論を言う人は考えるのが面倒くさいだけだから

面倒くさいイラスト

何かの問題がおこった時、「自己責任だろ」と言う人におチビは

「腑に落ちない」といつも思ってしまいます。

 

なぜ腑に落ちないんだろうと考えた結果、

 

何か議論した時に「まぁ、人それぞれだからねー」

って話にオチつける人いるじゃないですか。

 

あれと一緒なんですよね。

 

あれって当たり前すぎて萎えるし、

意見が欲しいのに、自分の意見が全くないようにみえるんですよね。

 

それと一緒なのが「自己責任でしょ」っていう人なんじゃないかと思います。

例えば、「いじめられる奴が悪い」とか「仕事出来ないお前が悪い」とか

 

それはわかったけど、解決策は?

 

と、いつも自己責任マンの解答を期待してしまうんですよね。

そこまで言うって事は解決策あるの?

パードゥン?って感じ。

 

大抵、自己責任マンは

「自分はこんなに疲れてでも、お仕事頑張ってるのにー」

「私でさえ嫌な事があっても、努力して乗り越えてきたんだから」って、

 

自分の苦労した話や自分が頑張ってる話にすり替える事が多いんです。

 

 

だから、「自己責任でしょ」=

「考えるの面倒。だって私は私の人生でいっぱいいっぱいなんだもん!」

 

って事なんだとおチビは理解しました。

 

 

もっと自己中心的に生きるべき

海辺でハッピーな女性

過去に自己責任って言われて自己中心的になろうと決意しました。

おチビは昔、

「あんたが悪い」「自分の責任でしょ」と

仕事場で言われた事があります。

 

空気を読んで、上司に言われて、

残業を毎日してたんです。

 

残業すれば、残業に合う身体になるって信じてたし

当時の上司も身体が合ってくるからと言ってたので

何の疑いもなく当時21歳のおチビは、

 

「低学歴の自分は仕事を一生懸命やるしかない」

と、真面目に働いてました。

 

でも、残業に合う身体になる事は一切なくて、どんどん体調不良になります。

 

体調不良が続くのは残業が原因かも

と思って上司に相談したら

 

上司は「誰が残業すれって言ったの?あんたが残業するって選んだんでしょ。」

「残業しようとしまいと、あんたの責任でしょ」

「環境のせいにしないで」

 

と言われました。

 

 

おチビはその時思いました。

 

「あぁ体調不良になるまで何で会社のために

残業してたんだろ~バカバカしい」って。

 

 

好きなように生きても良いということ。

その時は、従業員全員の前で説教をされ

従業員全員に謝罪をする事になり、

 

(体調不良で休んでごめんなさいって

泣きながら謝罪)

 

内心、上司に対して

 

「そうやって結局

他人のせいにしてんの、

アナタ様じゃないですかー?」

 

って思ったけど 

「まぁ、確かに自己責任って言われたら

その通りだよな、

結局自分の人生、自分の責任。

全部、自分で選ぶ事ができるのも事実。

 

自分以外の人間は、

誰も自分の人生に責任は取れない。

会社も国も親も。

だったら自分の好きなように生きよ。

 

って、当時のおチビは決意しました。

 

それから、残業はせずに代わりに誰かが

残業してたけど、その代わり残業した人もボロボロになってしまい、

 

「助けてほしい」と上司に言われた事がありました。

もちろん、助けませんでした。

助けないという選択をしたのは、自分の責任で自分で選んだ事です。

 

 

悪いと思いません。

 

 

言われても、気にしなくて良い

「自己責任」って他人に言ってる時点で、その人は「他人の責任」にしています。

 

だから、例えば自分がミスをして

悩んでたとしても必要以上に自分を責めないで欲しいです。

 

「お前のせいだ!!!」と

ご親切に責めてくれる

自己責任マンは、もう既にいるので

 

自分のことは自分で慰めてください。

 

 

「次からは、こうして気をつけないと!」

って自分を責める前に解決策を考えましょう!

何度失敗してもOKです。

 

 

だって自分の人生、

自己責任ですから。

 

 

何か問題があった時は自分で考えるだけです。

 

あっ!でも、自己責任マンは解決策を

あんまり考えないので

聞くのはタブーです。

 

余計、「お前で考えろ」とブチギレられますから。

 

 

教えてくれる人は、こっちから聞かなくても教えてくれます。

 

 

 

自分で物事を考えれるチャンスです。

逃げるのもよし、意見を言うのもよしです。

 

 何でも自分で決めれます!

 

 

まとめ

正直言って、自己責任論を

他人に言う人は苦手です。

 

例えば、精神病の人に対して「甘えるな」

「自分の責任でしょ」とかいう人って

自己責任とは全く違いますし、

「使い方、間違ってるよー!」といつも思います。

 

人は、完璧ではないし1人1人、

形の違う弱さがあります。

 

 

だから、”自己責任マン”の彼らも

過労死をしようと、自殺しようと、

「自己責任だろ!以上!」と片付ける

弱い人間なんです。

 

 

人って、絶対弱い部分があるんです。

 

 

他人や環境、自分を責めるんじゃなくて、

解決方法を考えて

たくさんある選択肢から、

自分で決めるしかない

 

という事に気付けましたか?

 

 

そう考えると、

自己責任って

結構自由じゃん。

って思いませんか?

 

もっと自己中心的に生きても良いんだよ!

 

 

 

したっけー!