小さい研究所

155cm以下の低身長・小柄な女の子、 自由に使えるお金が月1万円以下の低収入の女の子、 超バカ扱いされる低学歴の女の子、 そんな低スペックの女の子でもオシャレはできるよっていうちいさなまとめブログです。

petite_mini petite_big

失敗しない!ネットで洋服を買うコツ。元ネット通販担当者がすべて教える

失敗しない!ネットで洋服を買うコツサムネイル画像

 

 

ネットで洋服を買う機会って、昔に比べて増えましたよね。

可愛くて、ついついポチポチ購入しちゃいますよね。

 

そんな中で「失敗した!」なんて経験、ありませんでしたか?

 気持ちもちょっとブルーになるし

返品に時間もお金もかかるしって結構な労力を使いますよね。

 

おチビがネットショップを担当していたときも、

かなり失敗してしまったお客さんが多くいました・・・

 

色々な意味で、もったいないです。

 


そこで、

 

ネットショップの資格を取ったことのあるおチビが、

初心者でもネットショップで洋服を買うときに失敗しない方法を

お伝えしますっ

 

 

(ノウハウ系・方法のサイトは参考になるので、

ブックマークやURLをコピーしてメモに貼り付けていた方が

時間の短縮につながるので、しておいた方が良いですよ。)

 

 

これで、ネットショップの買い物が

気持ちよく出来たら良いなぁと思います。

 

 

 

超重要。まずは自分の身体のサイズを知る。

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172341j:plain

 

サイズで失敗しちゃうお客さんが結構いたので、本当に重要です。

 

一番最初にすべき失敗しないステップとして、

自分の身体のサイズを調べておきましょう。

 

面倒くさいと思うかもしれません。

 

けど、よーく考えてみましょう。

今後、ネットで洋服を買うときに「どのくらいのサイズだっけ?」

と毎回、考える時間って、ものすごく時間かかりますよね。

 

そんな事を考えて、いつのまにか売れ切れになってたら

ショックも大きいです。


なので、最初に自分の身体のサイズを調べておけば、

無駄な時間を過ごさなくて良いっていう訳です。

 

以下のサイトはとてもわかりやすく

自分のサイズの測り方が載っていますので

チェックしましょう

 

www.netprice.co.jp

 

 

自分のサイズが分かったらスマホでも紙でも

メモに残しときましょう!絶対に役立ちますから。

 

 

面倒臭がり屋は自分がよく着る好きな服を手元に置いておこう

 

「自分のサイズをいちいち測るのって面倒!」って人は

自分がよく着ている洋服を測るっていうのがオススメです。

 

結局測ることになるのは避けれませんが、

自分の体のサイズを測るよりかは、かなり簡単で楽です。

 

 

それも、メモに残しておいて、ネットで記載されているサイズと比較しましょう。

 

fashion.visjp.com

 

 

サイズ記載を見るときの注意点

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172415j:plain

 

どうしてもサイズに若干の差があります。

 

サイズ表記でも2~3cm長い・短いなど差が出てしまう場合が結構あります。

それを踏まえた上で購入を検討することをオススメします。

 

特に表記に「約●●cm」「実寸計測のため、若干の差があります。

ご理解の上ご購入の検討よろしくお願いします。」など

親切に書いている場合は差があると思っていて大丈夫です。

 

2~3cm差があっても自分に似合う丈なのか考えましょう。

 

 

写真に惑わされないこと

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172451j:plain

モデルさんが着るから可愛いんです。 

 

洋服をネットで見せる時、ネットショップ側は

どうしてもよく見せたいんです。

 

その洋服をいかに

最大限に可愛く見せるか、

どうしたらこの洋服の良さがお客さんに伝わるか考えて

 

素敵なモデルさんに着てもらって

たくさん撮った写真の中から最高の1枚を選んでいます。

 

なので、いくら素敵な写真が載っていても

自分の体型と合わないと意味がありませんし

 

最初の写真1枚目だけで判断しないで欲しいです。

 

最近は、着用されたモデルさんの身長が載っている

ネットショップもあるので参考にしましょう。

 

それから、詳細の写真をこと細かくチェックすることです!

 

 

詳細写真を見ましょう!

 

洋服の写真がたくさん載っているネットショップは

信用してもOKです。

 

たくさん写真が載っている商品は、それだけ愛情を込めて

自信を持ってその商品の良さを伝えようとしています。

 

何より、参考になる材料がたくさんあるので

お客さんにとっても親切なネットショップです。

 

 

生地のアップの写真を見るとき、

透けるタイプの生地かどのくらいの厚さかを見ましょう。

 

春夏モノは、生地が薄い場合があるので

よーく見ましょう。

 

 

柄物は同じ配置でプリントされているとは

限らないこともあるので、商品説明に「柄が違う場合もございます。」

と書いてないかチェックしましょう。

 

どんな柄になるのか、気になる場合はネットショップに

お問い合わせしてみるのも手ですよ。

 

 

色んなディスプレイの明るさで色味をチェックする

 

ディスプレイの明るさで

商品の色味がかなり違ってきますので

パソコンとスマホの両方で見るのが良いです!

 

なるべく、実物の商品の色味に近いように写真を撮っていますが、

どうしても完全に再現できないことが結構ありますし、

 

お客さんのディスプレイの明るさでかなり色味が違ってくるので

おチビは、パソコンもスマホもディスプレイを初期化して

最大限に明るくしてチェックしています。

 

 

商品名で検索

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172513j:plain

 

同じ商品名をSNSGoogleでも検索しましょう。

 

商品レポやSNSに写真をアップしている人もいるので

コメントを参考にしたり、

 

他店で同じ商品が売っているケースもあって

その場合は、他店が撮った写真を参考にするのも良いですね。

 

色々な角度から見た商品を見れば、

かなり参考になります。

 

 

返品可能か不可能か確認する

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172533j:plain

 

正直いうと、返品交換が出来るショップの場合は

最悪返品できますので、失敗したくないって人は

やり直しがきくので、安心して下さい。

 

今は、「返品交換OK」のネットショップがほとんどですが、
どうなった場合、返品を受け付けてくれるのか確認しときましょう!

 

実際、お客さん都合では受け付けないというネットショップが多いんです。

 

 

気軽にお問い合わせをしてください

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172604j:plain

 

一番、納得して買える手段として、

ネットショップにお問い合わせをしてください。

 

例えば、

「画像通りの色味が気に入ったけど

実物が違ったらどうしよう〜」

と悩んでいたらお問い合わせをして聞いてください。

 

お問い合わせをしてくれれば、

ネットショップは可能な限り答えてくれます。

 

その時、営業時間・ネットショップが稼働している

時間にお問い合わせをすると

割と返事を当日中に返してくれます。

 

それでも、ネットショップは忙しくて返事が遅くなる場合もあります。

 

その間に「売り切れ」になってしまうこともあるので、

そこは注意してくださいっ

 

 

口コミで気にしたい所

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172622j:plain

 

一番、参考になるのは口コミですよね。

 

口コミには

素材感・サイズ・色味などお客さんが気にする部分を

素直にコメントしているので要チェックです。

 

特に、評価が一番高い口コミと低い口コミを両方みましょう。

 

 

何が良くて、評価を高くしているのか、

評価の低い口コミは、自分にとって許容範囲か、

 

両方の評価を見て、買うか買わないか

自分で判断していきましょう。

 

そうすれば、今後ネットショップで買い物をする際に、

口コミを見てすぐに、安心できるネットショップなのか

良い商品なのか見極める力が自然とついてきます。 

 

ちなみに、危険だと思うお店は

「連絡が来なくなった」「音信不通です」などです。

 

普通に売ってたら、お問い合わせはちゃんとくれるし

音信不通になりません。

 

 

発送場所がどこなのか調べる

 

f:id:shinchouhikui_joshi:20170703172643j:plain

 

どこから発送するのかも、チェックしておきましょう!

地域によって送料も違ってくるときがあります。

 

海外の場合だと届くのが遅くて、

欲しい時に間に合わないケースもあるので注意しましょう。

 

 

まとめ

 

いかがでしたか?

 

とにかく失敗したくないポイントとしては、

 

・徹底的に調べる・お問い合わせで聞く!

 

 

これに尽きます。

 

それでも、失敗しちゃったら

ネットショップに非はなかったのか

絶対に、ネットショップに確認しましょう。

 

正直、お客さんの評価が悪いことが

一番ネットショップにとってキツいので

 

最大限にお客さんに対応してくれます。

(お客さんの要望に応えれないこともあるけど・・・)

 

そんな感じ。

 

これで上手くネットショップを活用して

気持ちよく、オシャレでカワイイ洋服をゲットしましょうー!

 

 

したっけー!